プロミスの審査では、一体何をみているのか?ということですが、
勤続年数、収入、過去の事故歴、他社からの借り入れ、を主にチェックしています

その前にキャッシング限度額スピード診断!

簡単5秒であなたにピッタリ合った消費者金融とマッチングしますよ
公式サイトにリンクしています。プロミスの公式サイトにリンクしています。今すぐクリック

その中で、「安定した収入」というのは、審査上最も大きなポイントとなりますので、それを確認するために、勤務先で在籍確認の電話が入ります
また、過去の事故歴が無いか?他社からの借り入れがどれぐらいか?は、個人信用情報機関で照会されますので、この点についても必ずわかります
ですので、この2点がクリアできなければまず審査は通らないと思っていいでしょう
プロミス審査甘いここ最近は、CICやJICCに事故歴が掲載されてても、とりあえず5万円や10万円で枠を作っておいてそこから返済状況などをみながら、枠を広げていくかどうか判断しましょう、という審査をしているようです
一方で、融資枠50万円まで、他社借入額の合計が100万円を超えない場合、勤務年数と年収は自己申告になりますので、この点については、実質審査対象にはなっていないと言えます
あくまで参考程度、ということですね
つまり、パートでもアルバイトでもいいので働いていて、なおかつ、過去の事故歴や他社からの借り入れが問題なければ審査はほぼ100%通ることになります
一般的な例ではありますが、勤続3年、年収300万、事故歴なし、であればMAX50万円の枠はすぐ作れます
また、他社からの借り入れがあったり、事故歴があっても、いわゆるブラックでなければ、融資枠は制限されますが審査が通ることもあります
つまり、希望融資枠を50万円で申込みをして、仮に、50万円の枠の審査が通らなかったとしても、30万円、10万円に制限されて審査が通ることこともある、ということですね
まとめると、実質審査でみているポイントというのは、働いているか?他社からの借り入れ状況、事故歴があるか?という2点だけになり、
万が一、そこが不十分でも、融資枠を制限されて審査は通る場合がある、ということですね
勤続年数や年収はあくまで参考程度、ということになります。
ちなみに、50万円以上の融資枠を作りたい、他社からの借り入れ総額が100万円以上あるけれど借りたい、ということであれば直近2か月分給料明細が源泉徴収票、あるいは確定申告書が必要になります
ぜひ、参考にして頂ければと思います
簡単5秒であなたにピッタリ合った消費者金融とマッチングしますよ
公式サイトにリンクしています。今すぐクリック