レディースキャッシングに欠かせないサービスは、店舗に行かなくても申込⇒契約⇒借入⇒返済まで行えるというところが1番のポイント!!

インターネットから申込可能
店舗・自動契約機に出向かなくても契約可能
振込融資可能、もしくは銀行・コンビニATMからキャッシングできる
振り込みで返済可能、もしくは銀行・コンビニATMから返済可能

女性の場合は「なるべく消費者金融の店舗や自動契約機に入りたくない、入るところを見られたくない」と思っている方が多いのではないでしょうか?

 

オペレーターも女性だから安心!ご来店不要で即日お振込!
マイレディスの女性専用キャッシング

店舗や自動契約機に行かなくてもインターネットの公式ページから簡単にキャッシングができる

チェックポイント

銀行以外の貸金業者からキャャッシングする場合、「借入総額が年収の3分の1を超えてはいけない」という規定があります。(これは、2010年6月18日に施行された改正貸金業法の総量規制で決められています)

そのため、年収の低い人は借りられる金額も低くなります。収入がゼロだと借りることはできません。

一般的に女性は男性よりも所得が低いので、総量規制の対象になるキャッシングでは不利になります。(中には男性の倍以上稼ぐスーパーウーマンもいらっしゃいますが)

しかし、銀行カードローンなど総量規制の対象外になるレディースキャッシングであれば、年収の3分の1の壁にしばられることはありません。

配偶者貸付

日本では、出産した女性の40%以上が仕事を辞めて専業主婦になります。キャッシングを利用したい人の中には、生活費を補てんしたい、専業主婦の方も少なくありません。

しかし、専業主婦の方は当然収入0。
総量規制によって借入が認められていません。

そうなると、総量規制対象外である銀行カードローンが候補になりますが、残念ながら銀行カードローンにはほとんど女性専用のプランがありません。

したがって、収入ゼロの専業主婦が銀行以外の貸金業者からお金を借りたい場合、「配偶者貸付」をおこなっている業者で借りる必要があります。

配偶者貸付とは、総量規制の例外規定のひとつで、「配偶者の同意があれば夫婦の年収を合わせた金額の3分の1まで借入れができる」というもの。

配偶者貸付対応の業者であれば、収入ゼロの専業主婦でもお金を借りることができるのです。

無利息期間サービス

レディースキャッシングが特にお得なローンではない(金利が低いわけではない)ことはすでにお話ししました。

そこで、利息を安くおさえる方法として、無利息期間サービスありの業者を利用する手があります。

たとえば、20万円を金利18%借りた場合、通常なら1ヵ月2,958円の利息がかかりますが、30日無利息プランがあるところなら、それがゼロです。

以上のポイントを踏まえ、今回は「お店に行かなくても利用できるおすすめレディースキャッシング」は

オペレーターも女性だから安心!ご来店不要で即日お振込!
マイレディスの女性専用キャッシング